[PR] プレスリリース 徒然なるままに 受胎告知(3)
忍者ブログ
ADMINWRITE
Willkommen auf der Website
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■参照




 

いよいよ、来日!
ですが、あまり騒がれていないのは気のせいでしょうか!?
ダ・ヴィンチ・コードでブームになってたし、
すごい騒がれてもおかしくないのに...
ま、人が少ない方が見やすくていいですけど(笑)

イタリアではやはり貸し出し反対運動なんかも起こったそうですね。
今世紀最大の芸術品と言って過言でない絵ですから、
反対運動はよーく分かるのですが、
そもそも、なんでイタリアが貸したのかが、
不思議ですよね。

見る方としては、
日本にいながら見れるので良いのですが、
盗難とか、破損とか,,,
細心の注意をしてもらいたいです。

トラックバック先で面白い動画を見つけたので、
youtubeの画像は下の「こちらをクリック」から見てください

こちらをクリック




さて、今日は何故
「マリアは右でガブリエルは左に描かれるのか」
という事をやります。



右と左はよく対比される象徴ですが、
基本的に、右は良くて、左は悪いとされます。
キリスト世界以外でも
左手を不浄の手とする所もありますよね。


あと、その他の持つ意味で調べていって面白いのは、
良い知らせを告げる使者は必ず右側に描かれるという事。
ザカリアのもとへ来て、
彼の妻が男の子を生むだろうと告げた天使も、
右側から来ました。

さて、ここで疑問に思った読者の方は鋭い!

では、何で、
天使ガブリエールは左側なのか!?

答えはCMの後!

と、ケチな事を言うほど、難しい事では無いので、
サラっと良います。

見る方から見れば、右でも、
絵の中の人物にとってみれば、
右がガブリエールで、左がマリアになります。

「なーんだ」

と思う人が多いのかもしれませんが、
古来から、ずっと、
このような配置で描かれて来たんですよね〜。

ダ・ヴィンチもそのしきたりで描いた。

これって、基本中の基本すぎて、
よく忘れられる事なので、
載せてみました(笑)



 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
受胎告知(4)
マリアが着ている服に着目すると、 赤いドレスに青いマントを羽織っています。 これは伝統的な描き方で、 多くの作家がこのように描きます。 何故なら色にも象徴があり、意味を持つからです。 では意味を今回は分析してみましょう! ■青 空の色である青は、無限に続く深さを表します。 また、空気のように澄んでいる事、清き事を象徴し、 神性も象徴します。 ■赤 赤は火の色である故、生命の象徴と言えます。 しかし、血の色でもあるので、死の意...
URL 2007/03/18(Sun)15:09:59
プロフィール
HN:
Diaisuche
性別:
男性
趣味:
音楽、美術、、文学、IT分野など
自己紹介:
日本出身

ピアノ演奏、作曲、調律


16歳のときにピアノを初め
翌年にはソロでコンサートを開く
現在は、作曲したものをレストランで
演奏する活動をしている他
朗読や劇への導入音楽として
演奏活動を行っている
音楽が人々の救いになることに気づき
旋律を大切にした無言歌のスタイル
による作曲を多くしている

調律もしております。
ピアノ奏者としてピアノに関して
知識がなくてはならない
と思ったのがきっかけです
http://diaisuche.tyanoyu.net/


趣味は、当ブログに現れているように、
芸術一般、文学、IT分野である。


なおPowerBookG4を主に使っている
Mac派である。
最近人気な記事
ブログ内検索はこちら
筆者へのメール
Amazon
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
最新CM
[09/03 yamaura yosiaki]
[08/13 Diaisuche]
[08/01 ある読者]
[02/09 Diaisuche]
[02/09 パラレル]
携帯用バーコード
最古記事
カウンター

Designed by 湯月   Material by ウタノツバサ
Copyright c [ 徒然なるままに ] All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]